読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういうこと、か

昔、結婚に失敗した。

23区内にちょっとした資産を持つ家の長男だった。

 

資産は戦後の米軍による土地接収による利権等の補償を元に得たもの。

義母はとにかく 資産家 であることをことさら鼻にかけていて 貧乏人の私を見下していた。

自分の実家と婚家は同業で 決して裕福とは言えない家業だったのに。

 

貧乏な私の家は やはり同じくらいの世帯収入の県営住宅住まいで 近所で付き合いのある人たちも 資産争い や 介護問題などの世間的には大問題と言われるようなトラブルを抱えた人はいなかった。

「持たない者」同士 表面を取り繕うような付き合いはせず お互いに納得できる礼儀を尽くしてきた。

まして ぼんくらな私は そういう世間の一般常識な処世術を知ることもなく高校卒業後 就職した。

まだ 高卒が一般的で 女子大生ブームが起こる少し前の時代。

 

訳あって 男性が怖かったし、女性であることに自信もなかった私も 就職先が男性が多い会社だったお陰でいくつか恋愛をして

狭い人間関係に囚われ(世間知らず)結婚相手を安易に選んだ。

冷静に考えれば 私には「ムリ案件」ってハッキリしてるのに 「二人で乗り越える❗」みたいにテンプレお花畑。

 

付き合っている頃は「 親思いの優しいヒト」だったけど 結婚・同居してみたら

「親離れできないただの坊っちゃん

「跡取りだから 姉妹(立派な相手と結婚済み)の関係もオレが仕切るっ!」

のはっちゃけ長男坊。

 

嫁イビリは ビンボーな嫁sage 自慢の娘たちageは当たり前。

あとは 跡取り息子タンがビンボー嫁に優しくしてるのが気に入らなくて やたら突っかかってくる。

あとは 料理やら何やら とにかく 存在が面白くない。

まぁね。気持ちはわからなくもないけど

22才の世間知らずには すべてがストレスなんだけど 何がストレスなのかわからなかった。(ドンカン)

 

ある日、誰もいない家で言われた。

「昔から 三年子無きは去れ って言うんだよ」

その時は (ふ~ん そうなんだ)としか思わなかったけど なんかそれを言ったときの顔がいやに意味ありげだったのを思い出した。

あぁ、そういうことか。

いやいやいや。

跡取り とか言いながら

同居しなきゃ とか言いながら

跡取りとして最重要である「子作り」を

まっっっっったくしないのはオタクの坊っちゃんですけど?

その前に 歩くだけで床が軋む夫婦部屋の真下に両親が寝てるんですよ?

どんなプレイをお望みで?

 

陰で表で

「子供ができないのはオマエのせい、財産狙いのビンボー人」

呼ばわり&扱い。

 

元旦那は完全2交代制勤務で昼勤も夜勤も同じ労働時間。

婚家の言い付けで 正社員勤務の私とは 1週間毎にしか顔を合わせない。

実質 同じ寮でルームシェアしている状態。

で 元旦那の居ない週はいつも姉妹家族を招いて宴会。

寮費は二人合わせて毎月15万。

私はともかく。

隔週毎に開かれる宴会のゴージャスなメニュー。

元旦那、口にしてないどころか全く知らない。

まぁ 知ったところで みんなが良ければ良いと思うヒトだからねー。

そこで嫁がどう扱われてるかなんて 思いもしないだろうねー。

「おにーちゃんはやさしい」もんねー。

 

この事だって別れてから気づいた。

ったく 自分のぼんくらさにがっかりした。

23才でスッゴい白髪になった。

生活のすべてがストレスになってるなんて自分では気づいてなかった。

 

ずっとこんな風に生きていくんだろうな。

子供が生まれたとしてもいいように扱われていくのかな。

それとも子供ができれば強くなれるかな。

 

とりとめもなくそんな風に考えながら過ごしていた。

 

環境が変わる出来事やこんな下らない愚痴に付き合ってくれた当時の同僚、そんな姿に釘を刺してくれた同じ部署の男の子・・・。

そのひとつひとつを言葉にするには いくつ言葉を尽くしても言い表すことが出来ない感情がありすぎる。

反省も諦めも憤りも感謝も。

もうすべてのことはただ「幼かった」

今はとにかくその一言にこめて。

 

Google EARTH

たまたま 元婚家の付近の施設を見ていたら

思いがけず 元婚家の近影があった。

もちろん、キレイに建て替えられてた。

相変わらず裕福な様子に 今の己の姿の惨めなことに少なからずへこみながら

 

因果応報って言うけど 今の私は彼らから見たら「ウチに傷を付けたヤツの末路(笑)」に見えるんだろうか、などと落ち込んでいた。

でも、どう考え直しても あの結婚生活の継続 の選択肢は出てこない。

人の資産をあてにする考えなど 資産を手に入れられたかも知れなかった経験があった今でもサラサラ思い浮かびもしないこと。

世間体のために見栄を張る必要を感じないこと。

見栄を張ろうと思える世間体を手にして居ないってのもいかがなものか、とは思ってはいるのよ。

 

今日。

私の今の姿は因果応報、成れの果てなのかって ずいぶん落ち込んでいたんだけど。

不意にこんな思いが浮かんできた。

 

GoogleEARTHで見た元婚家の画像。

あそこに元旦那が新しいお嫁さんと子供たちに囲まれて幸せに暮らしているなら。

私との出会いは彼にとって苦い経験だったけど そのあと出会った人とは 幸せなら

それはきっと元旦那の相手は「私じゃなかった」ってこと。

私がそうだったように その頃の彼も若かったんだもん。

 

時間の流れの中で様々経験するけど

どんなに嫌な経験でも そのあとに繋がる何かをきっと得ているはず。

私はぼんくら過ぎて せっかくの経験値をつかみ損ねているらしく 何度もへんな経験を積んでいるけども。

でも、あの頃のようにストレスをストレスと気づかずにただ過ごしていた日々から抜け出せたことは幸せ。

 

さっきまで 元旦那は幸せになっているのに・・なんて正直惨めに思ってたけど

「一緒にいることだけが正解じゃない」って納得できた。

これまでの経緯をなぞり直したら うまく文にできなくてせっかく降ってきた「納得」の輪郭がぼやけてしまった(苦笑)

 

私の現状はともかく

私と別れたことが正解で

今は幸せになったヒトがいますよってことで。

きっと彼にとって 今の幸せを得るためには

私との苦い経験が必要だったのだろうな、と。

 

 

 

 

クルマ

ナースくん。
ずっと待ってた新しいクルマが とうとう仕上がる。
いわゆる 旧車好き、ドリフトも(サーキット限定) 参加しちゃうよって男の子。
もちろん、男の子の訳は無いんだけど
童顔なルックスもあいまって
ババァのワシから見ればかわいい少年。

少年 来週 このクルマとはお別れなんだぁ。今度は真っ赤なんだよねー

ワシ 今は白いんだよね

少年 でも、スポーツカーって女の子受け悪いんだよなぁ

ワシ とは言っても 現行車にも興味無いよね?

少年 そう!でもさぁ・・・

ワシ だって 旧車の上にガチガチに改造してるし。 そりゃぁ フツーの女の子は引くわぁ

少年 そうなんだよ!

ワシ でも、馬力を追求してしまう、と

少年 そうそう

ワシ 女の子はスタイル重視だし。
あ。でも、坂道で遅くなる とか 高速で伸びない、はワシでもナイわぁ

少年 馬力だよ、馬力ー!

ここで 歩行訓練終了。

帰り際。

他の利用者さんをエスコートしながら
別の送迎を待つワシに

少年 男は馬力だよ、馬力!

男は馬力 に力を込めて どや顔をしてから ニコニコ歩いていった。

だから 男の子なんだよ、少年(笑)

でね、ワシは 追い求めたその馬力を受け止めて尚ガッチガチな足回りの方が重要だと思うんだがね。

平和な週末の機能回復型デイサービスのひととき。

貴金属

最たるものは 婚約指輪。

記念日やイベントデー(クリスマスとかバレンタイン)のプレゼント もちろん 何にもない日でも。

男から 貴金属 をプレゼントされる女 でいなければ。

アクセサリーは趣味もあるから 自分で買う。
もちろん、それでいい。

贈られた物が趣味かどうか が大事なんじゃない。
「貴金属を贈りたい」って思われるかどうか、ってこと。

もっと身近なところで言えば
理由があって「ビンボーデート」で お互いにそれでいい、それが楽しいとは話が別。

フツーに社会人してて フツーに恋愛関係なのに 毎回 デートの食事はファミレスとかファストフードとかコンビニとか。

もっと自分を大切にしてくれる相手を見つけよう。
お金をかけてくれるから良い相手って事じゃなく。

ただ、ここぞ!って時はちゃんと気持ちを見せてくれる人がいい。

そして 自分は「それだけの価値のある女」になろう。

愕然

夢の続き。
まだ 恋愛もできたし 付き合っている人もいた頃なら
たとえ 好きな人(仮)とのデートプラン等を 理想とも妄想ともつかない想像を楽しめたのに。

今朝の夢で 恋のドキドキ はよみがえってきたけど その彼(ナースくんでも キモヲタ山ちゃんでも)との妄想すら思い付かない。
もう 夢のシチュエーションだけで精一杯だったらしくて 理想も妄想のもの字すら浮かびやしない。
あんな心臓に悪いことなんて 妄想すら良くない気がしてきた。
あぁ、恋愛って体力が要るものだったのね。
ワシも枯れきったものよ・・・(;´д`)。

夢を見た

最初はナースくん。
なぜかナースくんに好かれてる設定。
本気かどうか 顔を っつーか 目を見る。
内心 すっごいドキドキで引いてるんだけど 真意が知りたい。

あ、なんだかんだ言っても いざとなったらってか 必要に迫られれば どんなに逃げたくても 相手とタイマン張るんだ、ワシも。
でも、知ってしまったら逃げられなくなるんだなぁ(泣)
でも、真意は知りたい。

ナースくんの家にいく用事があった。
途中にすっごく急な ほとんど壁な参道が観光地らしい寺社があって そこをほとんど登った(上った、じゃない)右の脇道に彼の家がある。
広いバス通りとそれと平行する商店街そして参道。
勾配の始まりでイレギュラーな三叉路。
バス通りではなく 商店街から行こうとしていた。
商店街に沿って「そそりたつ参道」の入口がある。
おしゃれだったり それとない名店が並んでいて興味をそそられながら坂を上がっていた。
人混みの中に例の参道を行く 若い男子の集団に気付いた。
周囲の人達の会話で その坂が名物の参道だと知る。
普通の人が行く参道は遥か下にあり、彼の家に行くには離れていく。
急な参道を登りきって左に進んで 一般の参道と合流するようになっていた。
彼の家は右折なのだ。
私の選ぶ道はバス通り、商店街>急参道>>参道だった。
なのに 何故か 急な参道を行こうと決めた。
少し来た道を下って参道の入り口に左折した。
盛り土に石で浅~く段が彫ってある体の壁。
勢いで登ったけれど 既に往くも地獄、帰るのはもっと地獄ってところで限界がきた。
残りはわずかだが 自力で昇り切るのは不可能に思えた。
しかし 既に飛び降りても 万一、よほど上手く壁沿いに滑り降りることができたとしても 墜落か滑落の差でしかないような高さに居る。
登るしかない!と覚悟を決めたところで 右手に シュガートング。
もちろん、ピッケルの役をするわけもなく。
とりあえず 土に差すも 柔らかい土を抉りグニャリと曲がったそれは虚しく土をもろもろとこぼすのみ。
「やっぱり~」と思いながら己の左足が思いの外 力がない事を再確認&認識の甘さを思い知りながら何とか登りきる。
両手はもちろん泥まみれ。
そう、左片麻痺のリハビリのデイサービスで彼に出会ったのだった。

ようやく登り終え、顔を上げると偶然、仕事中の彼に出くわす。
ここで「彼」は・・・・・・山里亮太
もっとキモヲタなルックスだったが 山ちゃんだった。
フツーに彼氏として夢は続くけど すぐに目が覚めた。

山ちゃんやナースくんはともかく。
自分のなかで リアルな恋愛感情 を体験してビックリ。
恋が始まる時のドキドキ感とか
彼氏になった人に対する感情とか。
夢のなかで ドキドキさせてくれたのはナースくんで
彼氏は山ちゃんだったけど。

これから先、恋愛することは無いって思ってるけど
なんとなく「誰に紹介されてもいい自分になろう」って思った。
ワシを好く思ってくれる人に恥をかかせたりしない自分になりたい。
夢で出てきた二人がワシよりずっと若いってこともあって 自分がみすぼらしくて恥ずかしかった。

今から若くてキレイを目指しても無理だから せめて 人並みの身だしなみは身に付けよう、と強く思った。

あの壁に行こうと思ったのはなんでだろう。
途中で投げ出さなかったのもなんでだろう。
夢のなかでも 適当に流す、とかぼかすってあるのに
(たしかに最後は都合好く登れてたし)
流す前に 文字通り「絶対絶命」の状況を理解して 自分の身体も力量も及ばないって自覚してるのに「それでも行く」って決めたのはなんでだろう。
なんとなく目覚めてから妙に心に残った。

夢の中だけど
誰かに好かれてドキドキする気持ち
受け入れた人に寄せる感情。
リアルに思い出せて興味深かったな。
そして 今より自分のルックスに気を遣おう、と思ったのもしみじみ興味深い。

突然 この曲を思い出した。
福山政治 / スコール

あらやだ。
どうやら忘れきってた 乙女心 ってヤツが呼び起こされたようだわ。
春のせいだね。

新ウリエースBT 20170206 記録

f:id:tokokuma:20170206230144j:plain

受診前は尿糖++だったけど 少しご飯を減らしてみた。
やっぱり 糖質の多い食事だったから。
簡易検査なのに濃紺の検査紙にギックリ!

新たに処方された薬が効いてくれてるのかな。
朝イチの検尿、ここのところ結果がいい。
糖尿の薬、なんて処方されるほどとは。

肝臓機能も良くならない。
動けないからそんなに体重が減ることは期待できないけど。
肝臓の為にも運動しなきゃ、なんだけどね。

何か 手だてを掴まねば!

ぷー

ぷーは30才のまま。
とろけるような笑顔と信じられない我慢強さで最後まで頑張ったね。

どんなに思い返しても ぷーに辛いだけの仕打ちをした私だよ。

病気のことも 自分が動けなくなってどれだけ酷いことをしていたかわかった。
思いやりも無さすぎだった。
いつも言ってくれてたように きっと回復してぷーの底力を見せてくれるって勝手に思ってた。
回復するには 力 が必要だったのにね。
ぷーの中の力をブーストしなければいけなかったのに その力を私が削いでしまったんだね。

ごめんね。
許して、なんてムシがいいよね。
なのに、変わらずにいてほしいって願ってる。
もうとっくに身軽になって 私のことなんて流していて当然なのに。
そうであってほしいって 本当に思ってるのに 変わらずにいてほしい とも本当に思ってる。

好きな食べ物を並べていたら
二人で食べていたものが浮かんできて
辛くなったよ。

ぷーを亡くして 少しだけどぷーへの気持ちが変わった。
もう遅いのにね。

もう愛想も尽きて 私のことばなんて届かないだろうけど。

ぷーが私のそばに居てくれて 気持ちを寄せてくれた色々なことが 今の私を支えてくれているよ。
折に触れて 思い出させてくれる幸せな色々にあらためてぷーの心を浪費した自分の罪に気づくよ。

ぷーが私を忘れても 私はずっと忘れないよ。
優しい想いをありがとう。
もう 何も煩わされずに安らかに。

次に会えるときはもっと成長した私でありたい。
傷つけてごめんね。
ありがとう。