読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌えキュンw

デイサービス唯一の若手 28才童顔のナースくん。

この間 彼が車をバックさせてる姿を見た。
ん~。何だか違和感。

しばらくして 答えがわかった。

ああ、そうか。
あれって 女の子が男子にキュンとする仕草 ってヤツだったんだ!

私がキュンとしたってことじゃなく
「萌え仕草」を見て「違和感」を覚えた自分のオバサンっぷりにガッカリだよ。

歩行訓練を補助してくれた時、その事を彼に伝えた。
整備を頼んでいた車が ようやく手元に来ることをニコニコ話してた顔が
「またまたぁ~」なんて真っ赤になってた。

彼には言わないけれど
職場に同年代が居なかったり
将来のことや がっつり被災地になったふるさとのこと、色々悩みは尽きないだろうけど きみなら大丈夫。
そのままみんなに愛されて 趣味もたくさん楽しんで!
でも、くれぐれもケガだけはするなよー!
オバちゃんはひそかに応援してるよ。

あぁ、これが萌えキュンってヤツ!?
なぁんて(笑)

向き合う

たまに 元夫だった人が出てくる夢を見る。

夢の中の元夫は 出会った頃から変わらない穏やかな優しい対応をする。
(何でこの人と別れなければいけなかったんだろう)
そう思いながら向かい合っている。
それでも 彼との縮められない絶対距離 にも気づいている。
そのうち 別れる理由になった様々な事柄が浮かんでくる。
それが彼との 絶対距離 であることも。
(戻れないし 戻らないよなぁ)
夢の中で内心ため息をついている。

目覚めても暫く重い気持ちを引きずる。
現実でももちろん、戻りたいなんて思ったこともない。
なのに毎回この後味の悪さ。

今日は何故か 元夫よりもっとたまにしか現れない 「離婚して打ちのめされていた私を救ってくれた彼」も出てきた。
この人は30才で亡くなっている。
この彼にはもう伝えられない感謝や後悔がたくさんある。
だからやっぱり目覚めたあとはずっしり重い気持ちになる。

ただ 今回は何故か 私をへこませるツートップの同時登場で いつもは目をそらしてきた気持ちと向き合うことにした。

亡くなった彼については 理由はわかっている。
ただ、それをつまびらかにするには
まだ私にはしんどい。

もうひとつの重い気持ちの正体。
せめてこれだけは晴らそう。

夢の中の私は 元夫に対して 遠慮している。
何故か 後ろめたいような気持ちでビクついている。

確かに 元夫とは穏やかに話をしている。
なのに 内心とても不安で怖がっている。
このまま居たいようで すぐに逃げ出したい気持ち。

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げ・・

いつもならこの気持ちを感じたことで目覚めが悪い。
今日こそはその原因を突き止める!

このモヤモヤした気持ちは一体なんだろう。
何で こんな気持ちになるんだろう。
何でこんなに遠慮してるんだろう。

ふっと浮かんだ夢の情景。
(どうして夫婦でいられなかったんだろう)
(なんでうまくいかなかったんだろう)
そんな思いで元夫と相対してる自分がいた。

ああ、そうか。
「うまくいかなかったこと」が思ったより自分を責めていたのか。

戻りたい、なんて思っていないのに
もしかして 無意識に未練があるのか。
だから いつまでも気持ちが塞ぐのかって思ってたよ。

世間では離婚なんて珍しくないことだけど 別れない夫婦の方が多いのは事実で。
そうなれなかった、できなかった自分を認めたくなかったのか。

なぁんだ。
ヘタレな自分を認めたくないセッコい自分が勝手に自分を縛ってただけじゃん。
なんだよー。
真面目にへこんだ自分がバカみたい。
30年も自分に縛られてたよ。

次に元夫が出てきたら堂々と向かい合えますように。
自分の妄想に2度と負けるもんか!

命日

いつも心の中に居るようで
忘れているようで。

7月19日はきみの命日だったね。
そして25日は誕生日。

きみを亡くして この国の風習に思わず感心したことがある。
正月 春彼岸 ゴールデンウィーク 盆 秋彼岸 シルバーウィーク 暮・・・
今は亡き人に会うための機会が季節ごとに設けられているようで。
もちろん、金銀週間は特別として。
日々の暮らしに追われていても 時期が近づけば自然に思い出せる。

遠距離だった私たちだけど
ここまで離れてしまうとねぇ。

あれから随分月日が流れて
私もそこそこ色々経験してみて。

あの時のきみの辛さ、苦しさ。
その中にありながら 極力私に負担をかけない心遣い。
今頃 とてつもない事だったんだって 思い知ったよ。

きみに気遣われることが当たり前になってた私は
「なんで治ってくれないの?」
内心 そんな風に思ってた。
病気の苦しさどころか さまざまな不自由さも日毎に募る不安にも思いを巡らす事すら気付かず。

今なら 病気は治せないかもしれないけど、 結果は変わらなくても。
寂しい思いはさせないのに。
もっとたくさんしてあげられたこと、分かち合えたこと、あったのにね。
最後まで 私を気遣ってくれて。
虚しい思いをさせたね。

ごめんね。

今市の女の子

事件が起きたとき テレビの取材の中で

事件前の女の子と話した って言う女の

人の話。


「女の子が 一人でいたから声をかけたら

「目のきれいなお兄ちゃんを待ってるの。
会うのは初めてじゃない。
でも、お兄ちゃんと会うのは秘密」

って言ってた」って。



あと、遺体の状況は

「刃物で付いたいくつもの傷は まるで何かの儀式のようだ」

って報道してたのに。



なんか 容疑者が逮捕されて

この事件を 結構な時間を割いて 報道し

てたけど この二つの話は 全く出なかっ

た。

容疑者がどうこう、とは思ってないけど

あの時の報道で 一番私の記憶に残って

る事が 全然はっきりしてなくて

なんとなく 微妙にもやもや。

あの子、ほんとにあどけなくて 可愛

かったから 余計 印象が強い。

ただ、あの子が安らかに眠れますよう

に。

本気で言ってんの?

介護とか人手が足りないから移民で補充。

今、介護が必要になった人たちって
今までの日本を支えてくれた人でしょう?

食糧自給率
何で 自分のことなのに「輸入ありき」なの?
耕作放棄地、限界集落...。
農業、漁業、林業、伝統工芸...。
どうして守ろうとしないの?

国民を使い捨てて何をしようとしてるの?
自分が持ってるものをどうして大事にしないの?
その価値をおろそかにして ひっそり存在が消えそうになってるのに。
絶滅危惧種って動植物だけじゃないのに。

エコノミックアニマル。

日本の主産業の1つが自動車。
国民が減少していくのに
一番車に乗ってくれそうな世代が
貧困で車を所有できない状況なのに。
それは問題にならないんだ。

なんで 今まで散々お金払って 色々お願いしても聞いてくれなかった相手が
金のなくなった自分の話を聞いてくれると思ってるのかな。
国連も鯨もODAやらなんやら。
要らん金ばらまいてきたけど まともな結果を出したものってどれくらいあるの?
で、その金はどこから出てるの?

外面ばっかり良い亭主が
女房子供を犠牲にして、何の実にもならない見栄を張ってるのと同じじゃない。
支えてくれた家族が死ぬまで見栄を張るつもりなのかな。

得るもののないばらまきの金を
1度全部停止して 家族を守るために使うのが本当だろうに。
貸した金を返せとは言わなくても
要らない金を出すのをやめるだけでも良いじゃん。
もういい加減、エエカッコしたくてもできないのが実情なんだから。
ここらで家族孝行に舵を切る潮時なんじゃないかなぁ。
っつか、足下見やがれ、スカポンタン

SPICE OF LIFE

♪人生は 挫折と後悔の日々~♪

あぁ、なんてタイムリーな歌。

考えても取り返しがきかないなら
悩むだけムダだよね。
っては 毎度思うんだけど。
とらわれちゃうんだなぁ、長いこと。
思い出してはグジグジ。
最初から ドジ踏まないように
準備しとけ!って 毎回後悔するくせに。

ただ こうして生きていけてること自体、幸せだと言うのもわかってる。

どんなに考えても その通りにできないことはある。
過ぎてからわかること なんてそれこそ山ほど。
だからこそ
せめて 一生懸命。
少しでも 手抜かりで後悔しないように 心掛けて生きよう。

わかってるのに後回し。
ダメ!絶対!!

不安な気持ちをなんとか なだめようと必死だな、ワシ(苦笑)

ぐるぐるすることもあるけれど
なんとか 生きてます。

助けてくれた人達を思えば 命を粗末にしているワシの方が ワシの最大のミスだよね。
一番 悔い改めなければいけないのは
そこのはず。
つくづく 自分勝手なんだな、ワシ。





気づけてよかった

もしかすると うまくやれなかったことで
思いの外 大きなダメージを受けているかもしれない。
でも、

気づけてよかった。

痛い目に遭わずに 順調に進めるように 準備するのが当たり前なんだろうけど。
ワシみたいなヤツは 何度か でっかいうっかりミス を重ねてやーーーーっと
人並みに近づいて行けるって自覚しよう。

うっかり を見直してっつーか
対面すると 現在進行形なうっかりが
いくつかあるから 心がもたない(泣)

こういう イヤーなドキドキ。
心臓に悪いから。
本当に気を付けよう。